現場の個別審査制度について

現場きれいについては、最近多くの会社が取り組まれているようです。しかし、その程度は各社各様であり、自社のレベルがどの程度はわからないと思います。そこで、自社の現場のレベルがどの程度なのかを審査するサービスを、2018年4月より開始いたします。これまで魅せる現場コンテストを毎年おこなっている中で、その評価を点数化して現場の取組みレベルを見える化してきました。このノウハウを用いて、工務店・ビルダー向けに現場審査をおこないますので、客観的に判断できますのでこの機会にチャレンジしてみてください!

 

○現場の個別審査の流れ

 (1)現場審査申し込み

   現場審査を希望される方は、FAX又はメールにてお申込みください。(審査は有料です)

 (2)チェックリスト

   申し込みされた方に、現場でチェックする項目一覧の「チェックリスト」をお送りいたします。この内容をよく理解してください。

 (3)現場リスト

   現場リストを提出していただきます。(フォーマットを送ります)

   この現場リストを基に、審査現場及び審査日を事務局にて決めて連絡いたします。

   なお審査現場は3か所となります。

 (4)現場審査当日

   ①審査員と待ち合わせの上、現場へ連れて行ってください。審査現場は当日お知らせいたします。

   ②現場では審査員がチェックをしながら、ポイントをアドバイスしていきます。その部分について、写真と記録をおこなってください。

   ③1現場の審査は、概ね40~50分程度です。3現場審査して終了となります。

   ④現場写真を事務局まで送ってください。

 (5)審査結果

   後日、審査結果についてお知らせいたします。

 

○審査のポイント

 審査項目は下記のA~Fとなります。

  A.敷地・仮設等

  B.足場・外周

  C.建物内部

  D.工具・材料及び品質

  E.マナー    

  F.特記事項(特別に何かおこなっていた時に評価します)

 

 評価の仕方は、それぞれの審査項目に対し以下のことを評価します。

   ①当たり前状態に関わること(現場きれい基本項目)

   ②安全に関わること

   ③魅力的状態に関わること(現場を展示場化するための工夫)

      ※①②についてが基本事項となり、これらを点数化します。③については加点項目として参考として評価します。

 

 診断結果

   採点は、魅せる現場コンテストのチェックシートと同じものを使用します。点数化しますので客観的な評価とともに、

   コンテスト上位会社との比較もできます。審査結果を点数化するとともに、A.敷地・仮設等、B.足場・外周、C.建物内部、

   D.工具・材料及び品質、E.マナーの5項目の達成状況をレーダーチャートにて示します。また、改善のポイントとなる部分

   についても報告書にまとめます。    

お問い合わせはこちらから。